吉田郡山城本丸跡(Yoshida-Koriyama castle Honmaru Ruins)

Selected for Google Maps and Google Earth

Comments (3)

©Sagittarius Arrow on April 7, 2009

毛利 元就(もうり もとなり)は、室町時代後期から戦国時代にかけての安芸の国人領主・戦国大名。

安芸の国人領主から中国地方のほぼ全域を支配下に置くまでに勢力を拡大し、戦国時代最高の名将の一人と後世評される。用意周到な策略で自軍を勝利へ導く稀代の策略家として名高い。 本姓は大江氏。家系は大江広元の四男 毛利季光を祖とする毛利氏の血筋。寒河江氏などは一門にあたる。家紋は一文字三星紋。

安芸国吉田郡山城(現在の広島県安芸高田市吉田町)を本拠とした毛利弘元の次男。 幼名は松寿丸(しょうじゅまる)、仮名は少輔次郎(しょうのじろう)。 明応6年(1497年)3月14日、安芸の国人・毛利弘元と福原氏との間に次男として誕生。幼名は松寿丸。誕生の地は母の実家の鈴尾城(福原城)と言われ、現在は毛利元就誕生の石碑が残っている。

明応9年(1500年)に幕府と大内氏の勢力争いに巻き込まれた父の弘元は隠居を決意。嫡男の毛利興元に家督を譲ると、松寿丸は父に連れられて多治比猿掛城に移り住む。翌文亀元年(1501年)には最愛の母が死去し、そして松寿丸10歳の永正3年(1506年)に、父・弘元が酒毒が原因で死去。松寿丸はそのまま多治比猿掛城に住むが、家臣の井上元盛によって所領を横領され、城から追い出されてしまう。松寿丸はその哀れな境遇から「乞食若殿」と貶されていたという。この困窮した生活を支えたのが養母であった杉大方である。永正8年(1511年)に元服し、毛利元就を名乗る。

永正13年(1516年)、長兄・興元が急死。家督は興元の嫡男・幸松丸が継ぐが、幸松丸が幼少のため、元就は叔父として幸松丸を後見する[1]。毛利弘元、興元と二代続く当主の急死に、幼い主君を残された家中は動揺する。毛利家中の動揺をついて、佐東銀山城主・武田元繁が吉川領の有田城へ侵攻。武田軍の進撃に対し、元就は幸松丸の代理として有田城救援のため出陣する。元就にとっては毛利家の命運を賭けた初陣であった。

安芸武田氏重鎮であり、猛将として知られていた武田軍先鋒・熊谷元直率いる軍を元就は撃破し、熊谷元直は討死。有田城攻囲中の武田元繁はその報に接するや怒りに打ち震えた。一部の押さえの兵を有田城の包囲に残し、ほぼ全力で毛利・吉川連合軍を迎撃し、両軍は激突する。戦況は数で勝る武田軍の優位で進んでいたが、又打川を渡河していた武田元繁が矢を受けて討死するに至り、武田軍は混乱して壊滅。安芸武田氏は当主の元繁だけではなく、多くの武将を失い退却する。この「有田中井手の戦い」は「西国の桶狭間」と呼ばれ、武田氏の衰退と毛利氏の勢力拡大の分水嶺となった。そしてこの勝利により、安芸国人「毛利元就」の名は、ようやく世間に知られるようになる。この戦いの後、尼子氏側へ鞍替えした元就は、幸松丸の後見役として安芸国西条の鏡山城攻略戦でも、その智略により戦功を重ね、毛利家中での信望を集めていった。

詳細な時期は不明であるが、この頃に吉川国経の娘(法名「妙玖」)を妻に迎える。

甥の毛利幸松丸が大永3年(1523年)にわずか9歳で死去すると、毛利家の直系男子であり、家督継承有力候補でもあった元就が重臣達の推挙により、吉田郡山城に入城し、27歳で毛利家の家督を継いだ。この時、元就の継承に不満を持った坂氏・渡辺氏等の有力家臣団の一部が、尼子経久の指示を受けた尼子氏重臣・亀井秀綱支援の下、元就の異母弟・相合元綱を擁して謀反を起こしたが、元就は執政・志道広良らの支援を得て元綱一派を粛清・自刃させるなどして、将来の禍根を絶ち、当主の座を確固たるものとした。

In this Japanese name, the family name is Mōri. Mōri Motonari (毛利 元就 ,Mōri Motonari?, 1497–1571) was a prominent daimyō in the west Chūgoku region of Japan during the Sengoku period of the 16th century.

Early years

Mōri was born as Shojumaru in a small domain of Aki province in 1497. He is said to have been born at Suzuo castle, his mother's homeland. His father, Mōri Hiromoto retired as the head of the clan in 1500, and moved to Tajihi-Sarugake castle along with Motonari. Motonari's older brother Mōri Okimoto succeeded him. In 1506, Hiromoto died because of alcohol. Shojumaru remained at Sarugake, but was troubled by clan member Inouye's seizures of land. In 1511, Shojumaru officially became an adult (genpuku), and was renamed Motonari.

Succeeding the clan

In 1516, Okimoto died. Okimoto's son Kōmatsumaru succeeded to the leadership of the clan, and Motonari became his overseer. Kōmatsumaru died eight years later in 1523, and Motonari succeeded him.

Expanding Territory

Sandwiched between the powerful Amago and Ōuchi clans, Motonari led the clan by carefully balancing actions and diplomacy. Eventually, Motonari succeeded in defeating both and controlled the entire Chūgoku area. In his late years, he crushed the Ōtomo clan of Bungo province.

He had three sons, Mōri Takamoto, Kikkawa Motoharu, and Kobayakawa Takakage, whom he encouraged to work together for the benefit of the Mōri clan. In one instance, he is said to have handed each of his sons an arrow and asked each snap it. After each snapped his arrow, Motonari produced three arrows and asked his sons to snap all three at once. When they were unable to do so (according to a legend still taught today), Motonari explained that one arrow could be broken easily, but three arrows held together could not.

His eldest son, Mōri Takamoto died of a sudden disease, some say poisoning, while enroute to attack the Amago clan. Saddened and angered by his death, Motonari ordered all those responsible to be punished.

In all, Motonari had nine sons and two daughters—four children (including Takamoto, Motoharu, and Takakage) with his wife, Myōkyū (name while alive is unknown, in NHK's TV drama Mōri Motonari she is introduced as Mii-no-kata), three with a woman from the Nomi clan, and four with a woman from the Miyoshi clan.

OS6 on April 8, 2009

ありゃ、本丸まで登られたんですね。お疲れ様です。自分も二回ほど訪れた事があります。二回目はスズメバチに追われて退散しましたが・・・

城跡は秋から春にかけてが良いと思います(笑)  

©Sagittarius Arrow on April 8, 2009

疲れました。w

Sign up to comment. Sign in if you already did it.

Photo taken in Yoshidacho Yoshida, Akitakata, Hiroshima Prefecture 731-0501, Japan

Photo details

  • Uploaded on April 7, 2009
  • © All Rights Reserved
    by ©Sagittarius Arrow
    • Camera: NIKON CORPORATION NIKON D70
    • Taken on 2009/04/08 09:55:56
    • Exposure: 0.004s (1/250)
    • Focal Length: 70.00mm
    • F/Stop: f/10.000
    • Exposure Bias: 0.00 EV
    • No flash

Groups