渡辺昭一
photos
on Google Maps
views

渡辺昭一's conversations

Many thanks, Paul!!!

Thank you. 日本の春は桜です。はなびらが風に吹かれてたくさん落ちます。

ありがとうございます。 

Hello, 渡辺昭一! :)
Bronze dragon is exquisite.
And he looks impressive. :)
Interesting snapshot.
Have a nice week, 渡辺昭一! :)

とても美しいですね。是非撮影に行ってみたいです。

Like ... Tsuru

Wonderful decorations and shot! L&F!

Friendly greetings!

「役に立つ」というこの一見当たり前のように感じられてしまうものの考え方(考え方という見方に違和感を感じる方多いと思います)が、実に資本主義的であり資本主義を貫いている基本的な考え方だと思うのですが、このような考え方が日本人のみならず欧米人も含めてかなり深層まで浸透してしまっていることが要因なのか、古いものや役に立たないものはこの世界から無くなることが当然との考えからこのような古い旧郵便局も躊躇なく壊されて更地にされ売りモノとなってしまうのでしょう。ここで少しこの郵便局のことに思いを馳せてみましょう。ボクは、50年くらい前の少年だったときこの郵便局の木の床を踏みしめて窓口から手紙を出したことを覚えています。もちろん数えきれないほどの人々がこの郵便局から手紙やハガキや為替を出したでしょうし、手紙やハガキや電報という今でいう「情報」は殆どがこの郵便局に集約されて一軒一軒配達されたでしょう。今では「情報」というと産業やITや工学といった言葉と結びついて単なる役に立つ、つまりある種の価値(特定の人にとっての)あるコンテンツとして空気中を無数に飛び交っているモノになっているわけです。 情報=インフォメーション この語源は、informatione つまり in+formatione ということから「心」に「ある形を与える」というものだったそうです。この郵便局の佇まいからなんだかそんな感じを受けませんか?古いモノは先生です。古いモノからは必ず何かを教えてもらいます。 改めて考えてください。「役に立つ」という考え方。これには危険な種も含まれていますよ。 「優生思想」を強化する意味が隠されていませんか。

Thank you very much ♥♥ MJ ... TN ♥♥

« Previous12345678Next »

Friends

  • loading Loading…

 

渡辺昭一's groups