Shotake Takayoshi
photos
on Google Maps
views
動物野外研究者:1964年から、2004年までに、歴史の古い順に、米国統治時代の琉球列島、マレーシア、エチオピア、スリランカ、ケニア、カメルーン、ジンバブエ、イエメン、エリトリア、サウジアラビア、オマン、インド、ネパール、で動物の野外調査を行う。その研究のまとめを最近「ブラッドハンター;血液が進化を語る」として一般本を新樹社から出版した。本の中にもかなりのカラー写真を挿入したが、40年間に撮った写真の数は膨大だが、本に載せたくも限度があった。そこでpanoramioを利用して読者に見てもらおうと意図して、これはと思う写真をアップロードした。アップロードは年代順になっていないが、幸いタグというシステムがあり、年代別、調査地別にタグをクリックすれば見られるようになっている。セミエン山岳地帯の東部は、全く知られていない未知の地で、写真は私以外、誰も撮ったことが無いものばかりである(タグ;奥セミエン、参照)。タッグの「1975~1976」など年をまたいでいるのは、正月に帰らず、調査を続けていたことを意味する。なおpanoramioは景観図が主たるものなので、動物、民族、生活様式などに関するものはhttps://box.yahoo.co.jp/user/shotake60 に載せた。あわせて覗いていただきたい。2005年以降は調査活動ではなく退職後に撮ったもの。2005年以前でも,国内のものは直接調査活動に関係しないものも有る。最近タッグの項目が折りたたまれ、最後の所に"show all tags"と表示されている。それをクリックすれば全てのタッグが現れる。 An animal fieldworker;From 1964 by 2004, I had been studying for the genetical characteristics of several kinds of animals, in Ryukyu chain islands occupied by U.S.A., Ethiopia, Sri Lanka, Nepal, India, Cameroon, Zimbabwe, Yemen, Eritrea, Oman, and Saudi Arabia. I summarized and published these results and many experiences of those field work as general book titled「Blood Hunter;The blood explain the concept of animal evolution」I inserted a considerable color photos in the book, but the number of photographs which I took for 40 years were enormous, but I wanted to be in tune with the book, and there was limit. Therefore I intended to have a reader looking panoramio and upload the photographs thought as for this. The upload does not become the chronological order, but, fortunately, there is a system called the “tag” and comes to be seen if you click a “tag”「Siemen moutain」,「Ethiopia」, 「1991~1992」and recently ,for simlicity"see all tags"is shown, If a viewer clicks "show all tags", all tags will appear.

Shotake Takayoshi's conversations

尾根の左端のピークがシルキー(4418m)右端のピークがベロウチウファ(4311m)

バファラ城は危機遺産に指定されたため1999年時点で修復途中だった。

東京~新橋に始めて鉄道が出来たと同時期にアジスアベバからジブチ(紅海の入り口)へフランスが鉄道(フランコ鉄道)が出来た。その出発点

標高差1000mをこのような道が岩山に作られている。撮影地点から左に上って行き谷の一番奥ではるか上に見える道へとつながって行く。また右へ少し降りるとUターンして下に見える道へつながる。

アジスアベバの中心街の排気ガスによるスモッグのひどいこと。ほとんどの車が何処かの中古車で排気ガス規制されていないので風のない日はこのような状態になる。かすかにウエチャチャ山(3400m)が見えるが、天気のよい早朝などははっきり見える。

このヤクの放牧場(カルカ)は海抜4500mのところにある。ネパール国営のものである。

左の大きな扇形の台地の要の部分にラスダシャン(4533m)がある。手前の小さな台地はハイという。右側の尖った峰がいくつもある山塊をチニフラという。

エチオピア、セミエン山岳国立公園ギーチ台地の東端、イミトゴッコから南西を見る。チェンエクキャンプ、ブァフィート山、はるか左上にラスダシャン(4533m)が見える。

スリランカ、ハッガラ植物園のトクモンキー

サウジアラビア、NWRC(野生生物保護研究センター)がリハビリしたオリックスを自然に放畜するリザーブ(ウルク・バニ・マリド)の崖(ツワイク山地といってこの崖は北のリャド近郊から続いて着ている。エンプティクオーターの西端である。

Friends

  • loading Loading…

 

Shotake Takayoshi's groups