NozakaArchitects&Design,Tokyo
294
photos
289
on Google Maps
views

NozakaArchitects&Des…'s conversations

ふじみざか:「新撰東京名所図会」には「駿河台南甲賀町のうち、袋町に通づる筋より南へ、猿楽町一丁目と小川町との間を下る坂、富士見坂と呼ぶ。風景賞すべき地にはあらざるとも、遠く富士を望むを得べし。富士見坂の名もこれに基しか。」と書かれています。富士見坂は千代田区だけでも3ヶ所あります。

今晩はNozakaArchitects&Des…さん。

Congratulation for this well looking perspective, I like it! Thank you for sharing

(^-^)/" Mike 工藤

ひゅうがざか:江戸時代前期南側に徳山藩毛利日向守の屋敷があった。振袖坂ともいったが由来は不明である。誤って「ひなたざか」とも呼んだ。

ながさか:麻布台上から十番へ下る長い坂であったためにいう。長坂氏が付近に住んでいたともいうが、その確定は得られていない。

Unbelieavable ! This is exactly where I lived ( in a big house with a large garden , on the top of the hill , above the former Iranian embassy ) almost the 20 first years of my life ! Is the bakery shop on the right still there ?

いさらござか:明国人伊皿子(いんべいす)が住んでいたと伝えるが、他に大仏(おさらぎ)のなまりとも、「いいさらふ」(意味は不明)の変化ともいう。

しんざか:新しく開かれた坂の意味であるが、開かれたのは明治20年代と推定される。

なんぶざか:有栖川宮記念公園の場所が、赤坂から移ってきた盛岡城主南部家の屋敷であったために名づけられた。なお、忠臣蔵における南部坂は赤坂である。

きのしたざか:北側に、大名木下家の屋敷があり、その門前に面していたために呼ばれるようになった坂名である。

Friends

  • loading Loading…

 

NozakaArchitects&Des…'s groups